鈴木愛理がやろうとしてた事を完璧なまでに宮本佳林がやってしまった