乞食野郎と生涯を共にするよりは遥かに楽と言ったら、私の物を勝手に食べたり使ったりする理由を話し始めた