「感電自殺」を図った非正規20歳男性の絶望と貧困