坂上忍が日馬を擁護 暴行行為は、相手から失礼な言動を受けても縁を切らないでやるよという温情の現れ