ラーメン屋入って客0だったときの絶望感