綾波レイ「代わりはいくらでもいる」←闇が深い