もう一人のお母さんみたいな存在でした。