夜勤明けで縁遠い親戚の葬儀に参加した時のこと、笑いをこらえつつ肩をヒクヒクさせあくびをこらえ・・・