【高畑淳子】いまだに“マスコミ不信”を抱え続ける理由