アラサーの私が勘助に遭遇して流れ弾を食らうとは思わなかった。悲しそうな勘助の姿が未だに私の心を抉ってる