貧乏な我が家のご馳走といえば、安い豚肉と山ほどの白菜を 塩コショウで味付けしただけの鍋だった