当時オタクだった私は、こともあろうにラブレターに