江戸時代の蘭学者にも使い道が分からなかった謎の物体の正体が、160年の時を経て判明